お問い合わせ先

スーナ運営事務局

受付時間 10:00~17:00 土・日・祝を除く

ご注文専用受付窓口

0120-108-055

商品に関するご相談窓口

0120-631-077

お問い合わせメール

shop@nil-co.jp

植物由来にこだわり身体と
環境に優しい製品を開発し続ける

SUNAの技術力

革新的な機能性化粧品を開発NILの基盤技術とコア技術

神奈川県産業技術総合研究所を開発の拠点に、日々植物のチカラを研究し分析や解析を行っています。独自のSNPの技術の研究開発に留まらず、自社開発の製造ラインを構築しました。
その根底にあるのはNILの「基盤技術」と「コア技術」。NILは長年にわたって集積した有機化学技術を、コア技術であるSNP技術と融合させ、革新的な機能性化粧品を開発しています。

生理活性物質を極小サイズ(20~30nm)にしたスーパーナノ粒子(Super Nano Particle)により、
バイオアベイラビリティ(生物学的利用率)を飛躍的に高めることを実現しました。
今後は化粧品だけでなく、食品や医薬品への展開も視野に入れています。

40年にわたる有機化学の
研究実績を集約
当社独自の
“届かせる”先端技術

SNP=Super Nano Particle(スーパーナノ粒子)とは、当社(NIL)独自の技術。一般的なナノ粒子よりさらに小さいサイズで、成分がより浸透・吸収されやすくなるようデザインした状態でナノ化する技術です。肌にやさしいものの、代謝されやすく浸透しにくい植物成分を、無駄なく、効率良く届けるために開発された最先端の技術です。SNPは、頭皮そのもののエイジングケアにも有用な希少価値の高い植物成分を、よりアクティブに働かせてメラニンの産生と輸送を促す先導役となります。

TECHNOLOGY

MECHANISM

世界初のオンリーワン成分黒髪に導く「タラタンニン」配合

南米ペルー固有種であるカエサルピニアスピノサの豆の莢より抽出されるポリフェノール成分(慣例名:タラタンニン)に、顕著な毛乳頭細胞増殖効果およびメラニン色素産生促進効果があることが検証されています。
筑波大学生命環境系の礒田教授との共同研究により、タラタンニンの発毛・黒髪化効果が証明され、国際会議で発表されました。

<黒髪化実験>

タラタンニンと某有効成分を毛根細胞に与え、
黒髪の素であるメラニンが生産され、
髪の毛に輸送されるかを測定しました。

メラニンの前駆体 L-DOPA黒髪化効果の高い「ムクナ」導入

ムクナ(全成分表示名称 ムクナプルリエンス種子エキス)は黒髪化に極めて有効であることは分かっておりましたがその不安定さのため、これまで導入できませんでした。今回、当社(NIL)独自の技術により、スカルプエッセンスに安定的に導入することに成功しました。ムクナは髪を黒くしているメラニンの前駆体「L-DOPA」を多く含む成分です。

<細胞培養結果>

活性酸素の働きを抑える頭皮にやさしい抗酸化作用

他社製品の活性酸素除去能を比較、SUNAスカルプエッセンスは唯一強い抗酸化活性を示しました。

<活性酸素除去実験>

DPPHラジカルという人工的に作られたラジカルに対する消去能を測定します。
DPPHラジカルは溶媒に溶かすと紫色をしています。
この溶液に抗酸化物質を含む抽出液を加えると,DPPHラジカルが消去され色が薄くなります。
この色を測定し抗酸化力を評価しました。

低刺激と最新の染毛テクノロジー植物由来色素の
白髪染め技術の開発

★シコニンと機能性連結成分を含む染毛剤を、世界で初めて開発(第6624628号)【世界初】
★PCPC(米国化粧品工業会)に登録の複数の化粧品原料を配合【世界初】
★HC染料、塩基性染料、パラベン、シリコン、ジアミン、カチオン界面活性剤、鉱物油、酸化防止剤不使用
*当社はシコニン(紫根由来の古代色素)と機能性連結成分を含む染毛剤を開発し、PCT国際出願を行い、
国内においては特許成立(特許第6624628号)いたしました。この特許技術を用いた製品は世界で初めてです。

佐藤幸蔵(さとうこうぞう)<写真右>
株式会社NIL代表取締役会長
東京工業大学理工学部卒業 工学博士
元 富士フイルム株式会社 執行役員・フェロー
前 第43代 公益社団法人有機合成化学協会 会長
 
佐藤忠久(さとうただひさ)<写真左>
株式会社NIL専務取締役(CTO)
東北大学理学部卒業 理学博士
元 富士フイルム株式会社 研究主幹
元 富士フイルムファインケミカルズ株式会社 技術顧問
前 長岡技術科学大学大学院工学研究科教授

神奈川県から認定を受けましたかながわイノベーション戦略的支援事業に選定

株式会社NILは、「スーパーナノ粒子(SNP)を用いた」ヘアケア商品の販売が、神奈川県の産業の成長につながることが大きく期待される事業として認められ、神奈川産業振興センター、神奈川県立産業技術総合研究所、日本政策金融公庫及び神奈川県信用保証協会の4者が新たに実施した「かながわイノベーション戦略的支援事業」に初めて認定されました。

新たな技術を開発すべく
日々研究を行なっています