SUNA BIOSHOT |植物とナノ技術のエイジングケア|公式オンラインショップ

SUNA スカルプエッセンス


SUNA PLANTS×SNP*ナノ粒子のチカラ
すこやかに髪の黒密度に働く


新発見の植物成分(タラタンニン)×革新的ナノ技術(届けるチカラ)で、染めずに白髪を積極ケア。タラタンニンとは、髪の黒密度(メラニン産生)に働きかけるスイッチのような成分。SNP*の採用によって、頭皮のメラニン産生に関わる部分に、より効率的に成分を浸透させて届けます。また、頭皮をすこやかに整える有用な植物成分(=SUNA PLANTS:タラタンニン含む5種類)が働きかけ、使うほどにハリ・コシのある豊かな黒髪を育みます。
*SNP=Super Nano Particle(スーパーナノ粒子)略称



SUNA PLANTSをすべて配合



  • ノンシリコン
  • ノンパラペン
  • 無着色

SUNA スカルプエッセンス

180ml  8,000円(税別)

ご使用ステップ

1日2回、髪を分けとり、ノズルの先を頭皮に直接当て、白髪や薄毛などが気になる部分を中心に頭皮全体に塗布します。頭皮にスカルプエッセンスが浸透するまで、数分時間をおきます。

指の腹で軽く頭皮を動かすようにマッサージし、頭皮全体にスカルプエッセンスをなじませたらケアは終了です。熱風の影響を避けるため、ドライヤーは数分経ってからご使用ください。

SUNA スカルプエッセンスが選ばれる理由

白髪ケアに求められる要素を満たし"自力による黒髪化"を期待できることから、プロの美容家からも高く評価されています。

髪の黒さに関与するメラニン産生を、積極的に促す新規の植物成分を配合。

メラニンをつくる頭皮の奥*まで浸透させるナノ技術の採用。(*角質層まで)

刺激となりにくい植物成分を浸透させることで、頭皮にやさしく黒の密度をアップ。

全成分表示

水、BG、ユッカシジゲラ茎エキス、キラヤ樹皮エキス、コレウスホルスコリ根エキス、タンニン酸、カエサルピニアスピノサ莢エキス、リシン、イソロイシン、ロイシン、トレオニン、バリン、アルギニン、フェニルアラニン、セリン、ヒスチジン、シロキクラゲ多糖体、PG、メチオニン、グリシン、トリプトファン、イノシトール、ナイアシンアミド、グルコース、グルタミン、ピリドキシン、ローズマリー葉油、ラベンダー油、ベタイン、チアミンHC、塩化Na、塩化K、塩化Ca、塩化コリン、ピルビン酸Na、パントテン酸Ca、リン酸Na、硫酸Mg、炭酸水素Na

素材の話

アジピン酸ジソブチル
有機酸の一つで、サトウダイコンなどに含まれている成分。食品添加物として認められており、主に豆腐の凝固剤や中華麺のかんすい、ソーセージやハムの結着剤などに使用されている。

イソプロパノール
殺菌・消毒効果のある、無色、透明の揮発性を持った成分。コンタクトレンズの洗浄剤、メイクアップ用の粉体において安全性が高いとされている表面処理のための溶媒としても使用されている。

イソロシン
必須アミノ酸。生体のタンパク質の構成ユニットであり、微生物を用いたアミノ酸発酵によって大量に合成されている。保湿効果が高いので、スキンケアなどに保湿成分として使用されている。ヘアコンディショニング剤としても有用な成分

イノシトール
1,2,3,4,5,6-シクロヘキサンヘキサオール。ビタミンB群の1種ともいわれている。米ぬかやトウモロコシから製造される無色の結晶で、消炎効果、代謝活性効果などが期待される。エイジングケア、肌荒れ防止対策の化粧品に配合されたり、血行促進効果もあるのでくすみ予防の化粧品にも配合されている成分。また、脱毛予防の効果もあることがわかっている。

塩化K
カリウムの塩化物で、結晶格子は、塩化ナトリウム型構造をとる。味は、苦味を伴う塩味。最も一般的なカリウム源として用いられる。

塩化Ca
カルシウムの塩化物で、除湿剤、融雪剤、豆腐用凝固剤、食品添加物としても使用されている。

塩化コリン
第四級アンモニウムカチオンである(2-ヒドロキシエチル)トリメチルアンモニウムをコリンと呼び、その塩化物が塩化コリン。循環器系と脳の機能、および細胞の膜の構成と補修に不可欠な水溶性の栄養素であり、化粧品では保湿・湿潤剤として使用される。

塩化Na
食塩。海水塩から採取される。海水中には2.8%含まれており、海水からイオン交換膜法で採取する。人(生体)を含めた哺乳類をはじめとする地球上の大半の生物にとっては、必須ミネラルであるナトリウム源として、生命維持になくてはならない重要な物質である。

オリーブ油
オレイン酸はじめ、ポリフェノールやビタミンなど、健やかな体づくりには欠かせない栄養素を保有している植物油。オレイン酸は肌の潤いを守る“皮脂の主な構成成分”でもあり、頭皮の潤いを保つためにも役立ってくれる成分。

カエサルピニアスピノサ莢エキス
ペルーに自生するマメ科の低木「タラ」(学名:カエサルピニアスピノサ または タラスピノサ)の果実の莢(サヤ)から抽出。抗酸化の働きを持つ化合物で、メラニン産生促進と輸送および活性酸素除去効果がある。果実の莢ではなく、豆の胚乳から得られる多糖類についてはカエサルピニアスピノサガムと呼ばれ、親水性増粘剤等の目的で化粧品に使用されている。

カエサルピニアスピノサフルーツポッドエキス
カエサルピニアスピノサ莢エキスのINCI名。

キラヤ樹皮エキス
南米のチリ、ボリビア、ペルー地域に自生し“シャボンの木”と呼ばれる「キラヤ」の樹皮から抽出。樹皮にはタンニンやトリテルペン系サポニン(キラヤサポニン)が含まれており、とくにキラヤサポニンは、他の植物から得られるサポニンと比べても、すぐれた界面活性と均質性によって頭皮を健やかに保つ効果がある。古くから南米諸国では、原住民が洗濯や髪を洗う石けんとして用いてきた。日本および欧米諸国では歯磨き粉、飲料の発泡剤、食品の乳化剤、ビタミンE、および香料の可溶化剤として利用されている。

クエン酸
レモン・みかんなどの酸味成分で、砂糖、デンプンなどから発酵法を用いて作られている。製品のpH調整剤として多くの化粧品に配合されている。

クエン酸Na
クエン酸のナトリウム塩。製品のpH調整剤として多くの化粧品に配合されている。

グルコース
ブドウ糖。代表的な単糖の一つであり、果実・蜂蜜・体液中に遊離して存在している。 工業的には、デンプンを加水分解することによって製造される。人間を含む、動物や植物が活動するためのエネルギーとなる物質の一つ。強力な保湿効果で、化粧水、乳液、クリームなど、乾燥から肌を守る化粧品に適している成分。 製品の水分蒸発を防ぐ効果、粉体の結合剤として、メイクアップ製品系の安定性を高めるために配合される。

グリシン
アミノ酢酸のことで、タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も単純な形を持つ。水に溶けやすい性質をもっている。 白色の結晶、または結晶性の粉末で、においはなく、甘味がある。動物性タンパク質のうちコラーゲンと呼ばれるものに多く含まれる。 保湿効果に優れ、血行促進、抗菌作用、酸化防止作用があり多くの化粧品成分とも相性がよいので幅広い化粧品に配合されており、ヘアコンディショニング剤としても有用な成分。

グリセリン
吸水性が高いので、保湿効果を目的に化粧水からクリームまで、幅広く配合されている。

グルタミン
2-アミノ-4-カルバモイルブタン酸。蛋白質構成アミノ酸のひとつで非必須アミノ酸。カラダに最も豊富に含まれるアミノ酸のひとつ。発酵法で製造され、酸加水分解によりグルタミン酸となる。ヘアコンディショニング剤や皮膚コンディショニング剤として利用されている。そのすぐれた修復能力から、医療の現場では、火傷や外傷などの重症患者にグルタミンが投与されることもある。

ケラチン
羊毛を加水分解して得られる成分。ケラチンは、毛髪・爪・角・羽毛などの主成分となるたんぱく質。髪内部の繊維質を補強する効果があり、ハリ・コシを与える効果がある。コンディショニング・肌荒れ防止目的でも配合される。保湿性に優れ、毛髪をやわらかくしっとりした状態に導く。ダメージ部分に浸透し補修する効果もある。

コカミドDEA
天然由来の成分を元にして作られるノニオン性界面活性剤。泡立ちを良くする効能があり、洗浄力・刺激は弱い成分として知られている。

コカミドプロピルベタイン
ヤシ油から作られたベタイン型両性の洗浄成分。洗髪時にキメの細かい豊かな泡立ちを与え、洗髪後には毛髪に優れた風合いを与える。皮膚にマイルドなのでベビーソープなどに使用されている。

ココイルアルギニンエチルPCA
植物のトウモロコシやサトウキビなどから抽出したアミノ酸系保湿成分。静菌効果、ニキビの原因となるアクネ菌を抑える効果が高い。安全性の高い成分として知られている。

ココイルグルタミン酸TEA
アミノ酸の一種であるL−グルタミン酸と、天然脂肪酸を原料につくられた洗浄成分。弱酸性で肌触りが良く、さわやかな感触が得られる。

コレウスホルスコリ根エキス
インドやネパールに自生するシソ科の植物、「コレウス・ホルスコリ」の根から抽出。インドの伝統医学であるアーユルヴェーダにおいて、永年にわたり用いられてきたハーブ。保水剤、口腔ケア剤、エモリエント剤(皮膚柔軟剤)として使用されている。メラニンの輸送効果もあることがわかっている成分。

シア脂
アフリカなどの乾燥地帯に生息する植物「シア」の種子から抽出した油脂。天然油脂の中では最高の紫外線吸収力を持つので、よく化粧品に配合される。独特の潤滑性のある感触を与えるとともに、毎日の生活紫外線から頭髪を守る。

ジメチルステラアラミン
三級カチオン(陽イオン)界面活性剤の一つで、天然油脂から作られる。シャンプーやトリートメント剤、ヘアスプレー、パーマ液など主にヘアケアに使用される。

シロキクラゲ多糖体
シロキクラゲから抽出した成分。ヒアルロン酸の水溶液と非常によく似た、無色透明で高粘度の液状。ビタミン類ではビタミンD、ビタミンB2、葉酸、パントテン酸など、ミネラル類ではカリウム、カルシウム、鉄、亜鉛などを豊富に含む。漢方では不老長寿の貴重な原料として珍重されている。

水酸化Na
代表的なアルカリ剤で、pH調整剤として使用されている。

セタノール
ヤシ油、牛脂から還元反応させて作り出す、白色〜薄黄色のロウ状の固形物オイル。乳化の安定性を高める効果があり、クリームや乳液などに多く使用される。

セテアレス-60ミリスチルグリコール
植物系(ヤシなど)や動物系(クジラやウシ)の脂肪酸から作られる増粘剤。乳化剤・増粘剤としてシャンプーにとろみをつけるために使用されている成分。

セリン
必須アミノ酸。生体のタンパク質の構成ユニットであり、微生物を用いたアミノ酸発酵によって大量に合成されている。保湿効果が高いので、スキンケアなどに保湿成分として使用されている。ヘアコンディショニング剤としても有用な成分

炭酸水素Na
ナトリウムの炭酸水素塩。常温では白色粉末状、弱い塩基性を示す。食品添加物として調理などに利用される。

タンニン酸
五倍子(ウルシ科ヌルデの若芽や葉にヌルデシロアブラムシの仲間が寄生し、その刺激により生じた虫こぶ)、または没食子(ブナ科植物の若芽にインクタマバチが産卵し、その刺激により生じた虫コブ)から抽出されたタンニン(日本薬局方ではタンニン酸と呼ぶ)。収斂薬のひとつで、タンパク質と結合して不溶性の被膜を形成。粘膜の保護や炎症を抑える作用を示すことで知られている。そのほか抗酸化、シワ改善、美白、保湿、消臭、収斂、皮脂溶出の抑制など、多彩な有効性を発揮する成分。メラニン産生促進、頭皮を引き締める効果もあることがわかっている。

チアミンHCI
ビタミンB1とも呼ばれ、ビタミンの中で水溶性ビタミンに分類される生理活性物質。米ぬかから抽出、精製される成分で、皮膚コンディショニング剤や食品添加物として使用されている。

テトラデカン
非水溶性の高純度植物由来炭化水素(植物由来パラフィン)。無色透明のサラッとした感触で、 エモリエント剤(皮膚柔軟剤)として使用される。

トリプトファン
必須アミノ酸。生体のタンパク質の構成ユニットであり、微生物を用いたアミノ酸発酵によって大量に合成されている。保湿効果が高いので、スキンケアなどに保湿成分として使用されている。ヘアコンディショニング剤としても有用な成分

ナイアシンアミド
ニコチン酸アミド。ビタミンB群の一種で、主にシアノピリジンから合成されている白色の結晶または結晶性の粉末。生体内ではNAD,NADPという酸化や還元代謝反応において重要な働きを持つ補酵素の構成成分。消炎効果、代謝活性効果などが期待され、エイジングケア、肌荒れ防止対策の化粧品に配合されている。血行促進効果もあるので、くすみ予防の化粧品にも配合されている。

乳酸
有機酸の一種。角質の溶解効果があり、配合量によって角質の溶解〜剥離と働きが変化する。その他に殺菌効果や収斂効果、pH調整剤としても配合される。

パントテン酸Ca
ビタミンB5とも呼ばれる、ビタミンの一種。体への副作用がなく、糖分や脂質、たんぱく質などの代謝への関わり、皮膚を正常に保つ働きがある。

ヒスチジン
必須アミノ酸。生体のタンパク質の構成ユニットであり、微生物を用いたアミノ酸発酵によって大量に合成されている。保湿効果が高いので、スキンケアなどに保湿成分として使用されている。ヘアコンディショニング剤としても有用な成分

PG
プロピレングリコールまたは1,2-プロパンジオール。水やアルコール類に非常に溶けやすい性質を持つ、無色透明な液体。近年では植物油脂を原料として合成されるタイプもある。保湿効果があるので、乾燥から肌を守る化粧水、乳液、クリームに配合されている。また、物質を溶かしやすい性質を持っているため、溶解補助剤としても使用されている。

BG
1,3-ブチレングリコール。やや粘性のある透明な液体。近年では植物油脂を原料として合成されるタイプもある。水分の吸収や製品の保存性を高める性質があり、乾燥から肌を守る化粧品に広く配合されている。グリセリンに比べてベタツキがないのが特長。

ピリドキシン
ビタミンB6。白色〜薄黄色の塊状または針状結晶。水に溶けやすく、アルコール類には溶けにくい性質を持つ。製造方法としては微生物を利用した方法もある。不足すると様々な皮膚病を引き起こすことから、ニキビや肌荒れを防ぐ目的で化粧品に配合されている。

ピルビン酸
酒石酸(L−酒石酸)およびブドウ酸(D−およびL−酒石酸の混合物)を蒸留し、焦性酒石酸(メチルコハク酸)および、もう一種の酸を取り出したのがピルビン酸である。生化学において重要な化合物であり、解糖系として知られるグルコースの嫌気性代謝における生産物。

フェニルアラニン
必須アミノ酸。生体のタンパク質の構成ユニットであり、微生物を用いたアミノ酸発酵によって大量に合成されている。保湿効果が高いので、スキンケアなどに保湿成分として使用されている。ヘアコンディショニング剤としても有用な成分

フェノキシエタノール
わずかに特異なにおいのある透明な液体。自然界でも玉露や緑茶などの天然成分として存在している。グラム陰性菌に対して強い抑制効果があり、古くから防腐成分として配合されている。化粧品の防腐剤としての使用が認められている成分。

プロパンジオール
トウモロコシなどの植物デンプンに含まれる糖を発酵させることで生産される成分。保湿効果や抗菌効果を持つため、化粧水や乳液、ジェルなどに配合されている。

ヘキシルデカノール
高級アルコール系の油性成分で無色透明な液体。保湿効果があり、べたつきが少ないことから、主に医薬品の外用薬や化粧品に使用される。

ベタイン
優れた保湿性を持つアミノ酸系保湿成分。皮膚や毛髪の保湿効果のほか、柔軟性や弾力性を与える効果を持つ。髪に吸着しやすい性質で、帯電防止の効果も得られる成分。

ベヘニルアルコール
なたね油から得られる脂肪族アルコール。白色〜帯黄白色で、薄片、粒または塊のろう状の油性成分。肌への刺激も弱く安全性が高いため、自然派化粧品などに多く配合されている。

ペンチレングリコール
グリセリンなどと同様の保湿剤。保湿効果だけでなく、製品の保存性を高める効果もあるため、防腐剤を使わない化粧品で使用されることが多い。

ペンテト酸5Na
カルシウムやマグネシウムなどの金属イオンと強く結びついて捕捉する、キレート剤の性質を持つ。化粧品の中に含まれる金属イオンによって起こる、シャンプーが泡立たなくなる、分離してしまうといった品質劣化を防ぐ役割がある。

ポリクオタニウムー10
天然セルロースからできた成分。セルロースは植物の細胞壁の一部を構成する物質。ゲル化することで摩擦によるダメージを防ぎ、乾燥後にまとまり感を与える。

マカデミア種子油
植物油としてはめずらしく、細胞の保護成分であるパルミトレイン酸が豊富で酸化安定性にすぐれた成分。パルミトレイン酸を含有しているため感触にすぐれており、肌なじみが良く保湿性や柔軟効果の持続性も高い。化粧品に配合される場合は、乳液やクリームなどの基礎化粧品の油性成分として使用される。

ミリスチルアルコール
常温でロウ状の油性成分。クリームの硬さや伸び具合といったテクスチャー調整の目的で、また乳化安定作用にもすぐれているので、乳液やクリームによく配合される。

ミリスチン酸
動植物から得られる油脂を、分解することなどで作られる油性成分。単独で化粧品に配合されることはなく、一般的には水酸化Naや水酸化Kといった強アルカリ性の成分と一緒に配合する。

メチオニン
生体のタンパク質の構成ユニットである必須アミノ酸。微生物を用いたアミノ酸発酵によって大量に合成されている。白色の結晶または結晶性の粉末で、特徴的なにおいがある。皮膚に関係の深いアミノ酸で、皮膚や毛髪などの成長の促進作用がある。髪や爪の保護、健やかな成長を目的とする化粧品に適している。

ユッカシジゲラ茎エキス
アメリカ南部からメキシコにかけて、標高1000‐1400mの砂漠に生育するリュウゼツラン科の「ユッカシジゲラ」という植物から抽出。アンモニア、硫化水素、メルカプタン、インドールなどを吸着する性質があり、臭いの軽減剤として使用されることもある。アメリカの先住民は古来より食したり、お茶として飲用。欧米ではサプリメントや化粧品にも用いられ、頭皮を健やかに保つすぐれた作用がある。

ラウロイルメチルアラニンNa
天然ヤシ油脂肪酸由来の、ベタイン型両性の洗浄成分。マイルドなのでベビーソープなどにも使用されている。

ラベンダー油
シソ科の植物「ラベンダー」を水蒸気蒸留して得られる精油。心地よく穏やかなフローラルな香りによるリラックス効果があることで知られている。

リシン
必須アミノ酸。生体のタンパク質の構成ユニットであり、微生物を用いたアミノ酸発酵によって大量に合成されている。保湿効果が高いので、スキンケアなどに保湿成分として使用されている。ヘアコンディショニング剤としても有用な成分

硫酸Mg
硫酸とマグネシウムとの塩。白色結晶または粉末。無水物と七水和物があり、天然では主に七水和物として存在する。エプソムソルトとも呼ばれ、市販されている多くの入浴剤の有効成分の一つ。豆腐の凝固剤。天日干しで製造される塩に含まれる。

リン酸Na
リン酸に多量の水酸化ナトリウムを加えた水溶液を蒸発濃縮させて得られる成分。砂糖の精製、硬水軟化剤、リン酸系洗剤、製紙薬剤、皮なめし剤、染色助剤などに広く使用されている。

ローズマリー葉油
シソ科植物「マンネンロウ」の新鮮な葉、枝および花を水蒸気蒸留して得られる精油。ハーブ調の強い香りにはリフレッシュ効果があることで知られている。そのほか収斂作用、頭皮のフケを抑える働きもあるといわれている。ローズマリーとはラテン語で「海のしずく」を意味し、これは水辺に好んで生育する植物であることに由来する。

SUNA 製品ラインナップ

SUNA トリートメント

SUNA トリートメント

ツヤめく髪へ

200g/3,000円 (税別)

詳細ページ
SUNA シャンプー

SUNA シャンプー

弾力のある髪へ

300ml/3,000円 (税別)

詳細ページ
SUNA パーフェクトセット

SUNA パーフェクトセット

セット販売

14,000円 (税別)

詳細ページ